成城さくら歯科

再生治療 | 世田谷区成城学園前 成城さくら歯科

再生治療
Regenerative Treatment

骨や軟組織を再生する
治療技術「PRGF」で
口腔内治療の精度を上げる

 

インプラント治療を行うには、人工歯根を埋め込める程度の顎の骨が必要です。骨の量が不足しているときに、治療を可能にする方法が「PRGF」を使った治療です。PRGFとは患者さん自身の血液に含まれる成分を利用し、顎の骨を再生することができます。
歯周病や抜歯などによってなくなってしまった骨の再生や、歯肉を治療するときにも効果的な治療方法です。
従来の方法より短期間で治療でき、きれいな仕上がりになります。 PRGFについて btiJapanのページはこちら

 

PRGF-Endoret
血液からPRGFを生成する遠心分離機です。 献血時の1/10ほどの量を採血し、PRGF-Endoretで遠心力を利用して分離させて、骨造成に活用できるPRGFを生成します。自身の血液からできるものなので、これまで使われてきた豚など動物由来の成分よりも安全性が高く、骨造成までの時間もスピーディーという特徴があります。

 

特徴

適したタイミングで活性化できるように
コントロール
採血した血液が増殖因子を放出することを抗凝固剤で抑え、活性化をコントロールできます。そうすることで臨床応用の直前で活性化を始め、有効的に増殖因子を活用することが可能です。

フィブリン(F1)と増殖因子を多く含む
血しょう(F2)を同時に取得
1回の遠心分離でF1部分とF2部分を取得することができます。F1部分はフィブリンとして、術野を覆うメンブレンなどさまざまな目的で使用できます。また、F2部分は増殖因子を豊富に含むので、インプラント体の表面や抜歯窩に活用できます。さらに、補填財や採取した自家骨と一緒にゲル化してから利用することも可能です。

白血球の層の分離を完遂できる骨再生を抑制する働きのサイトカインや、細胞を破壊する酵素を生成する白血球を完全に分離できます。白血球は血小板の凝集、および脱顆粒に必要な相互作用にも影響を及ぼすため、PRGFにおいて白血球は必要ないといえます。

世界的に認められている基準の
「CE認証」と「FDA証明」を取得
ヨーロッパの安全基準をクリアした「CE認証」や、アメリカの医療機器認証を示す「FDA証明」を取得しています。この他の多くの国でも特許が認められ、臨床成績に関する論文も数多く発表されています。

治療の流れ

自身の血液を採取

↓

採血後、遠心分離機で成分を分離

↓

増殖因子の活性化

↓

必要な部分へ填入

PRGFはむし歯治療に使う技術ではありません。
インプラント治療に使われるほか、歯周病によって骨がなくなってしまった部分や、抜歯後に治癒を早めたい傷口などにも活用できます。


ページ
TOP