成城さくら歯科

セラミック治療 | 世田谷区成城学園前 成城さくら歯科

セラミック治療
Ceramic Treatment

デジタル技術を駆使した
最先端の審美歯科治療

 

セレックシステムを導入

治療で歯を削った後は、審美面・機能面から考えてセラミックを素材としたつめ物やかぶせ物で補います。
当院ではセレックシステムという専用の機器群を導入し、つめ物・かぶせ物といった修復物を院内で制作しています。

1日でセラミック治療を完了できる「ワンデートリートメント」
精緻な歯のデザインと咬合も考慮した設計を可能にする
「スマイルデザイン」

光学カメラによる印象歯の型どりは光学カメラで行います。そこから歯の形状を3Dデータで把握し、修復物の形状も3Dデータでデザインします。

セラミック塊からの削り出し3Dデータにもとづいて、修復物をセラミック塊から削り出します。データとの誤差70ミクロンという高い精度で制作します。

手作業での調整器械で削りだされた修復物は、必ず手作業での調整が必要になります。誤差70ミクロンという高い精度に対応した、手作業の技術が必要となります。

焼成炉スピードファイア

削り出したセラミック製の修復物を焼成するための炉、スピードファイアも導入しています。
セラミックを焼くことにより、硬度を上げることができます。これにより、かみ合わせの力が強くかかる歯にも対応した修復物を制作できます。
同時に色付けも行うことができ、審美面でもより天然の歯に近づいた仕上がりになります。


ページ
TOP