成城さくら歯科

歯牙移動治療(矯正治療) | 世田谷区成城学園前 成城さくら歯科

歯牙移動治療(矯正治療)
Orthodontic Treatment

見た目はもちろん
機能性も重視した治療

歯牙移動治療(矯正治療)とは、矯正装置を使用して歯を移動させることで、歯ならびを整え、不正咬合、顎関節症などを改善する治療法です。歯ならびが整っていないと隅々まで歯ブラシが行き届かないため、むし歯や歯周病になりやすくなります。また、頭痛、肩こり、顎関節症の原因ともいわれています。

分析・診断

歯牙移動治療(矯正治療)を行ううえで重要なのは、治療前の分析と診断です。外から見える顔の形・レントゲン撮影による骨格の写真・模型を使ってのシミュレーションなど、様々な角度から検討を行い、もっとも最適な歯の位置を導き出します。

写真撮影

患者さんのお顔やお口の中を、正面・側面などから写真撮影します。歯牙を移動し、かみ合わせを変えることで、あごや顔のラインがどのように変化するのかを予測します。

セファロ分析

あごを横からレントゲン撮影し、「上下のあごの大きさとそのズレ」「あごの形」「歯の傾斜角」「口元のバランス」などについて分析します。

CT撮影

状況に応じて、あごの関節をCTにより撮影します。CTは関節の形状を3Dデータとして取得できるので、歯牙移動治療(矯正治療)によるあごへの影響などをより正確に診断することができます。

模型制作

上記で得られた様々なデータから、あごの模型を制作します。実際に模型を検討しながらシミュレーションを行い、最終的に目指す歯列の位置を決定します。

歯牙移動治療(矯正治療)の種類

治療を行うかどうか悩まれている方もいらっしゃると思います。治療期間、その間の見た目、費用面など、お悩みになって当然です。当院では治療前にしっかりとカウンセリングを行い、ご要望に添えるよう、様々な治療方法、矯正装置をご用意し、患者さんが抱える不安を解消します。

ワイヤー&ブラケット矯正

ワイヤー&ブラケットによる矯正治療とは、一つひとつの歯にブラケットと呼ばれる装置を付け、そのブラケットをつなげるようにワイヤーを通し、歯ならび全体を矯正する方法です。矯正治療として、もっとも一般的に認知されています。

 

床矯正装置による矯正

取り外し可能な床装置を使用する矯正法です。機能の違いにより様々な装置を使用します。軽度の矯正治療や、初期治療として行うものです。あごの骨が成長過程のお子さんには特に効果的で、床矯正だけで歯ならびがキレイに整うこともあります。治療費用はワイヤー&ブラケット矯正と比較して、抑えることができます。

 

マウスピース矯正

マウスピース矯正とは、透明な取り外し可能のマウスピースを使用する矯正法です。基本的に非抜歯で行う矯正法のため、症状によっては適用できない場合があります。軽度の歯列矯正の場合には、治療期間が比較的短く、費用も抑えて行うことができます。

 

ページ
TOP